オンラインサロン情報はこちら 詳しく見る

三連複をどうみるか 徹底解説【三連複は的中しても儲かるの?】

どうも!こんにちはっ!!
財競馬のDEN.DENです。

今日から9月ですねー!
一般的には防災の日です。
でも防災よりも興味深い話としては、
先日、差別発言で大炎上した
「メンタリストのdaigo」
なんと年収が100億円⁉
昭和・平成時代に会社と雇用終身その後に微々たる年金を信じて
『がむしゃら』に働いてきた我々はいったい何なんだよっ!
って緊急事態宣言がなくて普通に居酒屋がやっていたら、
赤ペン親父の愚痴・文句が炸裂していたよっ
と勝手な妄想を抱くDEN.DENでした。
(しかし、赤ペン親父の登場が多いな・笑)

さてと、ムダ話は時間のロスになりますので本題に入ります!

目次

三連複のオッズ(最近の傾向)

よく私へのメール(質問)に
馬券の「券種選び」について質問があります。
・いつも単勝と軸固定の三連複を買っていますがどうでしょうか
・三連複はBOXの方が良く当たる気がするんですが
・ワイド馬券とか三連複とか色々悩んでいます
 ete

う~ん、悩ましい問題ですね~。
私もウーン ウーンといつも悩んで馬券を買っています、、。

なんてことは全然ありません。

その理由は
特に昨年の2020年くらいから感じていませんか?
競馬結果(的中)のち、三連複のオッズが低い傾向にあることを。

これは一つに全体層の的中精度が上がっていることが要因にあるとみています。
また本件については現在、過去の払戻し額と現在の払戻し金額との乖離を検証しています。
※同一レース・類似の単勝オッズから三連複の締め切り前オッズと確定オッズの結果など。

競馬予想のスタイルが変わってきている!

では的中精度が上がっている点をもう少し掘り下げていきます。
あまりゴチャゴチャいっても仕方ないので、
ズバリで言うと
競馬予想スタイルが感情・直感予想⇒データ予想になってきている
これが事実ではないかと考えております。

・この馬は強いから大丈夫だよー
・ルメールだから来るよー
・前走がシンガリ負けだからダメだよー
・武(豊)が乗るから買わないー

こういった感情で馬券購入していた方々(シェア)よりも
高校-大学からプログラム知識を学んだ頭脳プレーヤーの方などが
競馬のレースをデータ解析し(高い的中率を保持)、
馬券購入をしているシェアが増えてきていることによって
三連複のオッズ低下現象が起きていると思われます。
※JRA売上の発表をみる限り、
締切り直前に著しく馬券購入を実行する一定の存在など含め。

そんなプログラム活用組も多くなった昨今ですが、
逆に有名な事実として林〇先生(東京大学法学部卒)が
競馬で数千万のマイナスを食らったというくらい
馬券で収支をプラスにするのは難しい。

↑ですが、
「そんなんじゃ馬券では勝てねえじゃん」
では、つまらいし、
こんな時(コロナ禍)だからこそ
週末の競馬を楽しむためにも今日は最後にビシっといくよ!!

三連複を活かすための馬券(券種)

貴方が野球のピッチャーならば、
主となる得意の球種が毎回違っていたら一流のピッチャーになれるだろうか。
▼今日は気分的にカーブでいくか
▼肩が痛えからストレートばっか投げよう
例えば、エンゼルズの大谷であれば、
最速163㎞/hのストレートを活かすために緩急をつける変化球を用いて投球しています。

馬券に例えるのは大谷ファンに怒られそうですが、
私は馬券も勝負事と捉えスタンスは同じだと考えています。

すなわち、
三連複をご自身のどの球種にするか
また三連複を有効とするにはメインの券種を何にするのか。


その一つとして今日は三連複の立ち位置(ポイント)をお伝えします。
三連複は、リスクヘッジ レベルの券種と捉える
※ヘッジング:本来起こりうるリスク(危険)を
できるだけ減らすために対策を取る、手段を見出していくこと。


今日の所はここまでとして、
明日のDEN.DEN焼き鳥は塩派だぜ馬券講座にて
2連系の券種を主にした、
三連複の取り組みについてお話したいと思っています!
※また勝手に適当な↑ネーミング↑付けるとエンリケに怒られるワ。トホホ。


P.S.
みなさん、財競馬Eyeのホームページにある
「人気記事」
この下にブログランキングのバナーがあります。
応援してくれると嬉しいです☺


では、またっス!!







最強競馬ブログランキングへ


日本最大級のDMM.com公式オンラインサロンコミュニティを使用
🐴「財競馬Eyeオンラインサロン版」🐴


オンラインサロンを詳しく見る


軸馬を厳選!精度の高い馬選びオンラインサロンメンバーに配信中!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる