オンラインサロン情報はこちら 詳しく見る

2022年 緊急GI情報【第89回 日本ダービーGI】消去法/今年のダービー馬はダノンベルーガ⁇朝日杯FS覇者ドウデゥースまさか消去⁈/この注目馬は危険だ‼/ダービー2022有力馬の見解/競馬予想

令和4年5月29日(日)
2019年生まれのサラブレット頂上決戦
第89回日本ダービー

本競走は1932年の創設から一貫して
チャンピオンコース(2400m・芝)で開催されています。

ダービー2022
どの馬が世代の頂点に!

ダービー2022の出走表・枠順も確定して
本番となる出走までは数時間となりました。


日本ダービー2022 
3歳OP(国際)牡・牝(指定)
定量コース:2400m(芝・左)

メインレースを担当します、
財競馬のヒロシです。
宜しくお願い致します!!

目次

東京優駿2022【有力馬の見解】

東京優駿
上位人気有力馬の見解

1番人気想定:ダノンベルーガ
一週前追い切りがエグかったですね汗
直線の長い府中も良い◎

本命にしたい位です。
が、前走皐月賞では伸びない所からのレースだった疲れや、調教が良すぎて不安になってしまう

2番人気想定:ドウデゥース
弥生賞、皐月賞では武豊騎手もダービーを意識したレースをした印象
もちろん勝ちにはいっていたと思う。

一週前追い切りもダノンベルーガに負けず良い調教でした。
流石に2400は長いと思うが、前走皐月賞での追い込みを見る限りは期待できる一頭なのか

3番人気想定:イクイノックス
前走皐月賞では2着に好走し、元々の完成度が高いと思ってはいたが、久々でも即通用し、これはダービーの本命だと思いました。
叩いた上積み、府中実績、鞍上のルメールは過去5年G1勝利翌週G1人気1番人気に騎乗成績7戦6勝2着1回のほぼパーフェクト。

大外枠が鬼門になるが疑う余地はなしか?

4番人気想定:ジオグリフ
皐月賞の勝ち馬
距離不安が囁かれてのこの人気?
前走皐月賞ではパワフルにイクイノックスを差した辺りは素直に強いと感じました。

勝っても評価されない典型かな?
積極的に馬券に入れたいところ

6番人気想定:オニャンコポン
前走皐月賞は名前で嫌ってしまいましたが、8番人気6着に。
4着〜6着まで混戦で中々侮れない存在。
上位人気馬が強力な為気楽に頑張ってほしい

7番人気想定:アスクビクマーモア
長丁場な為しっかりペースを握る積極的にレースが進められればと条件はつくが、期待したい。
調教も良い。穴候補

8番人気想定:キラーアビリティ
ディープインパクト産駒でダービーをねらえるのも今年で最後になる?
そういう意味でも頑張ってほしいところ。
内枠で先行好位でレースを進め、馬群を割って勝つ。
こんなレースになったらカッコいいよね?

11番人気想定:アスクワイルドモア
京都新聞杯でヴェローナシチーに競り勝った時は強い!と素直に思いました。
スタミナなら菊花賞でも通用すると思う・・

ダービー2022【注目危険馬】

約90にも及ぶ財ロジックを用いて
日本ダービー2022の消去馬抽出
今年のダービー危険馬

日本ダービー・注目危険馬
国内最高予想精度の財ロジックで
消去と✖なったこの1頭
7番:オニャンコポン

ダービー2022【今年のダービーは財サロンで当てましょう!】

今週も引き続き「東京・中京・新潟」の3場開催です。
2022年のダービーは、
青葉賞1、2着馬や毎日杯や京都新聞杯の勝ち馬等、
近年稀にみる豪華な面々で3歳馬の頂点を競います。

実力拮抗の見応えある日本ダービー2022

そんな中、最終結論として先生が出した答えは、
日本ダービー『一点勝負』財競馬Eyeでは配信します。

5月29日(日)東京メインレース
ダービーGIは、
【オンラインサロン版】
重賞レース参考馬でアップ致します。

今からでも間に合います👍
🐴「財競馬Eyeオンラインサロン版」
https://lounge.dmm.com/detail/4123/index/
『DMM』入会ページの概要を良く見て下さい🐴

皆さん、今日は有難うございました。
✅ダービー2022の消去馬
✅ダービー2022の有力馬見解
少しでも競馬予想の参考にしていただければ幸いです。


※日本ダービー2022
抜群の適性と調教を確認した
気になる一頭は⁈
『ダービーの狙い馬』掲載中
⇩  ⇩


最強競馬ブログランキングへ


日本最大級のDMM.com公式オンラインサロンコミュニティを使用
🐴「財競馬Eyeオンラインサロン版」🐴


オンラインサロンを詳しく見る


軸馬を厳選!精度の高い馬選びオンラインサロンメンバーに配信中!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる